FC2ブログ
猫を飼うなんて思ってもみなかった…って、おいおいっ、6匹⇒7匹じゃん!
2018年06月27日 (水) | 編集 |

これまで週に一度、
溜まった胸水を抜いていましたが、
ついに追いつかなくなりました。

明日、胸水を抜くという日の朝、
口呼吸になり、人間で言うところの
肩で息をする状態に。

とても明日までは待てないので、
急遽病院へ。

診察時間前でしたが、
クッキさんの状態を見て、すぐに処置室へ。

これまでいろいろ考えて
抗がん剤治療はしない方向で考えていましたが、
あんなに苦しそうなクッキさんを
目の当たりにすると、
その考えもあっという間にグラグラと崩壊。

先生に副作用などの説明を受け、
いろいろ悩みましたが、決めました。

今回投与する薬、L-アスパラギナーゼは
凄く効果があり副作用もそれほどでもないが、
すぐに効かなくなるので、何度も使えないこと。

そして、
ごく稀にショック死するケースがある。

どうしますかと聞かれ、考えた。

このまま抗がん剤治療しなければ
そう遠くない将来、クッキさんは亡くなるだろう。

ならば、
ショック死のリスクはあるかもしれないけど、
可能性があるならそれにかけたい。

そして、
投与するなら早い方がいいということで、
その日のうちに投与してもらいました。

ここのところ考えることが多く、
悩むことも多いけど、
クッキさんが少しでも楽に
楽しく暮らせることを一番に考えて、
できるだけのことをする。

行き着いたところは、
実にシンプルでした❗️

でもね、
ホント楽しく暮らしてくれるのは
とーってもうれしいんだけど、
これだけはやめて欲しいのよ。

スポンサーサイト


2018年06月21日 (木) | 編集 |

クッキさん、
縦隔型リンパ腫と診断されてから、
週に一度、定期的に胸水を抜いてます。

最初に抜いたのが100cc、
その後、230cc→260cc→200cc→210cc→220cc
抜きました。

結構すぐたまります。

診断後、
毎日ステロイドを投与していますが、
リンパ腫は少しずつ大きくなっているようで、
水を抜いて数日後には
呼吸が苦しくなってしまいます。

おまけに、
ステロイドの副作用で多尿になっているのと
大好きな他の猫たちから
隔離されている寂しさからか、
ここのところ毎日、私のベッドの上で
粗相をするように。

まぁこれは、
ベッドの上にペットシート敷き詰めれば
いいだけですけど~っ❗️



こんな感じ。

1日に5~6枚取り替えるので
結構な消費量ですが、
「今日はどのシートにしてるかな❔」なんて、
楽しみながら取り替えてます

シートはどれだけ使ってもいいんだけど、
クッキさん、
そろそろ次の段階に進む時かな…。


2018年06月14日 (木) | 編集 |

クッキさんが白血病ウィルスのキャリアだと判明してから、さあ大変❗️

あとの7匹に感染していないだろうか、最悪、全滅もあり得るか…

そんなマイナス思考に支配されそうになる前に、とにかく順番に検査検査❗️

しかし、7匹全員一気に…はとても無理なので、2週間かけて2~3匹ずつ病院へ。

結果、全員マイナスでした‼️

とりあえずひと安心です。

あれっ、クッキさんのほかに7匹❔と思われた方、タイトルと数が合わない❔

はいっ、いつの間にやら1匹増えておりましたとさ☺️



ペコと申します❗️ 2015年生まれのおちょこのこです🎵

今から一年前まで半野良だったので、悪いです 笑っ

わが家のワルワル団一味です‼️

写真ではなんてことないブチネコですが、この子もケッコーな目にあってるので、ペコについてはまた追々。


2018年06月11日 (月) | 編集 |

クッキさん、
白血病キャリアだけでもショックでしたが、
リンパ腫を発症していました。

白血病ウィルスとリンパ腫は対のようなもの。

さらに、
車にはねられた時の横隔膜ヘルニアが
再発していることも発覚。

リンパ腫で胸に水が溜まっているのに加えて
ヘルニアで内蔵が肺と心臓を圧迫している
との診断。

とりあえず、呼吸の酸素濃度を高める
酸素ハウスを即レンタル。

腫瘍の専門医がいる病院に駆け込んで、
胸水を抜いてもらいました。

その量240cc。

クッキさんのその時点での体重は
2.6kgほどなので、
なんと体重の10分の1の水が
溜まっていたことになる。

人間に換算すると、
5~6リットルの水が
溜まっていたことになります。

どんなに苦しかっただろう。
もっと早く連れて行ってあげれば良かった。

そして先生から
余命は1か月くらいだと告げられました。

これからできることを考える…。



2018年06月08日 (金) | 編集 |

3年ほど前、譲渡会で気になって、
わが家の7番目の😹として
やって来たクッキさん。

お腹に子どもがいる時に車にはねられ、
それでも 3匹の子どもを出産した鉄の女❗️

わが家に来るまで
2年近く半野良だったクッキさん、
膝に乗ってくれるようになるまで約1年、
最近ようやく抱っこできるようになりました❗️



と喜んでいた矢先…
クッキさんに、
次なる試練がおとずれました…。

普段から毛玉さえケポしないのに、
GW前からなんだかゴハンを食べると
すぐケポするようになり。

すぐにかかりつけの先生に預けて検査です。

預けた日の夕方、先生からのまさかの電話。
「驚かないでください。
白血病のキャリアでした」

「えっ‼️」

聞いた瞬間、思考停止。

譲渡会の担当の方からは
「白血病とエイズは陰性」と
聞いていたので、びっくり仰天です。

わが家にはクッキさんのほかに
7匹の仲間が暮らしています。

ボヤボヤしてはいられません❗️
全員検査のスタートです‼️

〈つづく〉